秘密厳守をお約束します

任意売却後の生活の変化

引っ越し先の賃貸住宅での
居住は可能です

賃貸住宅の入居審査はクレジットカードなどの審査と異なります。また、保証会社などを使う場合でも、過去に保証会社とトラブルを起こしていない限り審査が通らない可能性は低いです。
しかしながら、近年クレジットカードから家賃を引き落とす不動産会社などもありますのでご注意ください。 また、任意売却後に破産をする場合でも問題はありません。
当社では引越し先探しもお手伝いいたします。

債権者との交渉次第では、
分割返済も可能

任意売却後の家財道具は、競売と異なり相談者様のものであるならば問題なく使用できます。任意売却の不動産売買契約書の特約等で、指定の家財道具を置いていくなど取り決めがある場合は取り決め通りにしてください。

手続き終了後一定期間ののちに
ローンを組むことも可能

任意売却をするということはブラックリストに登録されてしまいます。ローンを滞納したまま競売になり残債がそのままになっていると個人信用情報に継続して記載されます。
しかし、最低でも5年かかりますが任意売却で一端区切りをつけることで、できるだけ早く消すことができます。ただし、信用情報を書き換えることはできません。

任意売却後のローン組み