秘密厳守をお約束します

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

高値での売却が可能

任意売却では、市場価格に最も近い金額での売却が可能になり、売却見込み金額は任意売却の方が高額になります。競売に比べてローン残高が少なくなるので、今後の生活再建の見通しが立てやすくなります。

柔軟な対応が可能

任意売却は売却額の配分も債権者と話し合いで決めることができ、売却代金から諸費用の配分が認められます。債権者との話し合いにより諸費用の中に引っ越し代を認める場合もあり、債務者が資金を受け取るケースも多くあります。また、売却を実行する以前から、売却後に残る残債の返済方法についても決めておくことができます。
金融機関に窮状を訴えておくことで、緩い返済計画にすることが可能です。

手許資金を得やすい

任意売却は金融機関の了承のもとで行われ、売却代金から諸費用の配分が認められます。債権者との話し合いにより諸費用の中に引っ越し代を認める場合もあり、債務者が資金を受け取るケースも多くあります。

プライバシーが守られる

任意売却では普通に不動産を市場で売却するだけなので、周囲の方には任意売却だということを知られることが、まずありません。

任意売却のデメリット

すぐに新規ローンやクレジットカードの
作成ができない

任意売却でも競売でも、これは共通しています。ブラックリストは住宅ローンの滞納時点で名前が掲載されてしまうため、 任意売却を選択したらブラックリストに載らないということではありません。

競売よりも手間がかかる

任意売却は、債務者が主体的に行動して進めていく手続きであるため、競売と比較すると手間がかかります。少なくとも、任意売却を専門とする不動産業者や任意売却の窓口となる専門家を探す手続きは、債務者が行う必要があります。

期限がある

任意売却には期限があります。競売手続きが開始している場合は、開札日の前日までには売却を完了させる必要があります。早めに売却してしまわないと失敗して競売にかけられてしまいうリスクがあります。