秘密厳守をお約束します

任意売却をおすすめするケース

来月の住宅のローンが払えない…。なんとか払えているが、今後の支払いは難しそうだ…。慢性的に支払いを滞納してしまっている…。など、住宅ローンの問題について任意売却をお勧めできるケースを紹介します。

任意売却をおすすめするケース

住宅ローンを返済できず、
督促状が送られてきている

住宅ローンを数回滞納して、金融機関などの債権者から催促状・督促状が届いている方は、このままいくと確実に競売となってします。延滞期間が延びるほど、お客様の不利な状況となるため、一刻も当社へ早くご相談ください。

債権者から競売の
申し立てをされている

時間的な猶予は一刻もない状況です。一刻も早く任意売却へ切り替える手続きをしましょう。競売入札期日と最低落札価格の書かれた書類が届きます。それから慌てても、任意売却が成功する確率が低くなり、手遅れとなってしまいます。

破産申し立て準備中や
債務整理を検討している

一刻も早くご相談ください。多重債務をしているお客様の場合は、自宅を手放さなければならないと思われます。借入金返済に追い立てられ、苦しい思いをされているのでしたら、問題の不動産を任意で売却することを検討することも選択肢の中に入れてください。

不動産関係の
相続税に悩んでいる

親や親族から相続した不動産の維持や投資物件の運営管理でお悩みの方にも、任意売却はおすすめです。
死亡した親や身内(被相続人)が大事にしてきた財産の不動産などを、競売にしてしまわない為にも、まずは当社にご相談ください。