秘密厳守をお約束します

住宅ローン滞納、そのまま住み続けたい・・・・ 奈良県奈良市G様

お知らせ画像

「住宅ローンを滞納、介護の父のためにそのまま住み続けたい・・・・」

奈良市のG様は10年前に父親の介護をするためにご自宅を購入されました。足の悪い父親のために、父親が少しでも自分で動けるようにとご自宅には手摺り等を備えつけられました。G様は、2年程前からコロナの影響により、勤め先の会社の業績悪化が原因でボーナスはカットされ、併せて残業も減り、気づけば収入が以前の約半分まで減っておりました。住宅ローンの滞納と生活費の為にキャッシングをし、任意売却無料相談窓口にご相談を頂いた時には多重債務の状態でした。ご自宅には父親の介護をしていることもあり、引越しするのは困難で、父親の介護のためにも家を残したい、売却せずに住宅ローンの滞納など多重債務の状態を解決することはできないかのご相談でした。相談の来られた時点では、住宅ローン、その他の借金も滞納されており、今後も給料のアップ、ボーナスは見込めないとのことで返済は難しい状態でした。私たちは、先ずは連携している弁護士をご紹介し、多重債務の整理について弁護士に相談をさせて頂きました。ご自宅については、介護状態の父親がおられますので「リースバック」の提案をさせて頂きました。リースバックでは、投資家の買取価格が高額になると月々の家賃も高くなり買い戻しも厳しくなりますので、債権者とは何度も交渉をさせて頂き、投資家の方にもギリギリ支払える家賃でご理解を頂き「リースバック」で解決することができました。現在、G様は、ご自宅にて父親の介護をしながら、ご自宅を買い戻すために息子様と頑張って資金を貯めておられます。多重債務についても弁護士に相談をして良い方法で解決に向かっているそうです。住宅ローンを滞納、でも家に住み続けたいとお悩みの方は、一度「任意売却無料相談窓口」までご相談ください。