秘密厳守をお約束します

新築マンションを購入後収入が激減 大阪市中央区N様

お知らせ画像

結婚を機に新築マンションを購入したが、リストラで収入が激減・・・・・

大阪市中央区にお住いのN様は、8年前の結婚を機に3LDKのマンションを諸費用込みで購入をされました。N様は大阪市内の大手企業で役職につかれていたのでもともとの年収は1,000万円以上ありましたが、購入当時は年収800万円前後まで減少していました。しかし、N様はこれ以上年収がさがることはないと考え、さらに奥様がマンションを購入したいという希望を叶えるために購入することになりました。頭金や諸費用がないので一緒にローンを組むことをお願いされました。N様が勤務されていた会社の信用、年収もそこそこありましたのでローンは問題なく通りました。新築マンションを購入され、新婚生活を平穏に過ごされていましたが、会社の業績が悪化しリストラにあわれました。3年間の間に年収は半分ぐらいとなりローンの支払いがきつくなってこられました。借入れ先の銀行に相談され、年収が上がるまでリスケジュールなどの条件変更で支払いを続けておられましたが、結果は好転せず、「任意売却無料相談窓口」にお問い合わせを頂きました。私たちが面談させて頂いた時のN様は、これから先どうして良いかわからないという不安な様子でしたので今までの経緯やご希望をお聞きし、任意売却のご説明をしました。N様は、支払いの相談をするために何回も銀行に足を運ばれ、色々な資料を提出されました。銀行、銀行員の冷たい対応と自身が大手企業に勤めている自負がありましたがプライドをボロボロにされたこともあり、「銀行等とは交渉はしたくないので全てお任せしたい」というご希望でした。また、N様は、売却ができても引越し費用を捻出することが出来ず引越しが出来ない状況でした。面談当初、住宅ローンはまだ滞納されておられませんでしたので販売開始をするまで数か月間猶予がありました。N様には、ご自宅に住み続けながら、引越し先を探すことに専念して頂きました。私たちは、売却時に引越し費用を捻出できるように債権者との交渉やご自宅の売却に向けて周辺業者への販売活動を積極的にさせて頂きました。幸いにN様が所有されていたマンションは、最寄り駅から近く、室内状況が良かったこともあり無事に任意売却をすることができました。引越し費用も債権者が、売買代金から捻出することを認めて頂きN様は無事に引越しすることができ、今ま残債を少しずつ支払っておられます。