秘密厳守をお約束します

任意売却でできる親子間売買

慣れ親しんだマイホームに住み続けたい、近隣の方に知られたくない…。などの悩みを抱えつつも住宅ローンが払えず競売になる前に、自分の子供に自宅を売り競売を避けることができる「親子間売買」「親族間売買」という形で任意売却をすることが理想です。

任意売却でできる親子間売買

親子間売買の注意点

  1. 01住宅ローンが組みにくい

    たとえば、親子間売買を理由に子供が住宅ローンを申し込んだ場合、金融機関は、住宅ローンとして融資したお金を他に使うのではないだろうか…?などのリスクを考えて審査を通さないケースが多くあります。
    たとえ子供に安定した収入があったとしても、融資するのが困難な場合が多いです。

  2. 02適正価格で売却する必要がある

    一般的な市場価格と比較して、安い金額で売買すると贈与とみなされて贈与税がかかることになります。一方、購入した金額を上回る高い金額で売買してしまえば、所得税が発生する可能性があります。

リースバックという選択肢も検討する

住宅ローンを借りている金融機関(債権者)は、親子間売買を認めないケースもなくはありません。
しかし、競売を申し立てられている状況では、まずは競売を避けることを優先する必要があります。そんな時には、一旦投資家に自宅を購入してもらい、そのまま家賃を支払って住み続ける「リースバック」という手も選択肢の一つです。

親子間売買にリースバックという選択肢も検討する

親子間売買を
成功させるポイント

親子間売買は通常の任意売却と比較しても極めて専門的な知識が必要とされます。親子間売買の実績の無い不動産会社に頼んで競売になってしまうケースも少なくありません。

親子間売買を成功させるためのポイントは3つです。

  1. 01親子間売買・親族間売買の実績のある不動産会社に依頼する

  2. 02どこの金融機関に住宅ローンの申し込みをするかをしっかり検討する

  3. 03リースバックを行い、希望なら自宅を買い戻す