秘密厳守をお約束します

無担保債権

お知らせ画像

文字通り担保がない債権のことです。競売や任意売却によって不動産を処分した後に残った債務は、自宅不動産という担保がなくなった状態で無担保債権となります。
この無担保債権を無担保だからと言って返済しないでいると、給与の差し押さえをされることがあります。

無担保債権(むたんぽさいけん)

俗に言う「カードローン」や「消費者金融」の借り入れは、無担保です。不動産を担保に借り入れをしている場合、返済が滞ると、債権者はその担保を競売にかけて貸付金を回収します。では、無担保の貸付金が返済されない事になった場合はどう回収するのでしょう?その場合は、裁判所を通じて「債務名義」と言われる手続きを行い、その債務者に所有不動産がある場合は、不動産を差し押さえて競売にかけたり、財産を差押えする事を行います。また、給与所得者に対しては、その給料を差押えたりすることもできます。無担保だからと言っても、返さなくてよいとはならず、無担保であろうが有担保であろうが、重い軽いはなく、借金は借金であることに変わりはありません。