秘密厳守をお約束します

住宅ローン返済危険度チェック

住宅ローン返済危険度チェック

まずは、あなたの置かれている状況を知ることが重要です。
あなたの今のご状況から任意売却の診断を行います。
状況がわからないといった場合は、任意売却無料相談窓口へご相談ください。

住宅ローン返済危険度チェック

任意売却診断チェック

  • 毎月なんとか支払っているが
    ボーナス払いを含めても次回の支払いが難しい。

    返済のスケジュールを見直すか任意売却をおすすめします。
    任意売却には、実行可能な期間と、不可になるタイミングがあります。そのため、任意売却が必要になった際は、できるだけ早く不動産会社などに相談するようにしましょう。 任意売却の専門家の見つけ方

  • 今月から滞納している。または督促状、催促状が届いた。

    早めの任意売却相談をお勧めします。早ければ早いほど選択肢が多く残ります。 任意売却の他にも住み続ける、買い戻し、リースバック等の選択肢があります。
    新しい生活への第一歩のためにも早めのスタートが肝心です。いずれ滞納するのが確定的であれば、今すぐ返済をSTOPし、その分を引越し代や転居準備金として貯めておきましょう。 任意売却という選択肢があります

  • 「期限の利益の喪失」「保険会社の代位弁済」の
    通知が届いた。

    住宅ローン残債の一括請求が来ても、「任意売却」を行えば競売を回避できる可能性があります。ただし任意売却は、競売手続きの「開札日の前日」までに完了しなければなりません。競売が進みすぎると間に合わず競売を避けられないので、住宅ローンを払えないなら早めに着手する必要があります。
    住宅ローンを滞納して期限の利益喪失が心配な状況であれば、早めに任意売却の手続きを進めるのが良いでしょう。 抵当権とは

  • 「競売開始決定通知」が届いた

    「競売開始決定通知」が届いたということは、いよいよ競売まで秒読みの流れになっていきます。まだ任意売却をすることはできます。しかし、競売の申立てがされたことで任意売却を行う時間が制約されてしまいますので、早急な対応が必要です。不動産は時間をかけて売却した方が一般的に高く売却できます。3ヶ月以内に売却しなければならない場合、市場価格よりも割安な料金設定にする必要があるためです。 任意売却と競売の違い

  • 「期間入札」実施日程通知が届いた。

    「競売の期間入札通知書」が届いたら競売が実際に開始されるまでほとんど時間はありません。裁判所は1週間以上1か月以内の範囲で競売の入札期間を定めます。競売の期間入札に関する通知が届いても、任意売却をすることでまだ競売を回避することができます。しかし、競売の期間入札通知が来てしまうと、任意売却に残された時間はもうほとんどありません。
    一日でも早く行動をすることで、競売になってしまうか、任意売却が可能なのかに大きく影響してきます。 競売を回避する方法

  • 競売の入札が始まった。
    または開札も終わっている。

    一旦競売が開始された案件を、債権者などの関係者全員の合意の下に任意売却を行うことは、不可能と言わざるを得ません。時間不足により、満足のいく任意売却ができない可能性も高まります。競売落札人と明渡し日について相談してみて下さい。 競売とは