秘密厳守をお約束します

任意売却とは

任意売却とは、まだローンが残っている不動産を、借入先(ローンを組んでいる銀行等)と相談の上売却することです。任意売却は任売とも言われています。 通常、家を売ろうとすると、残ったローンを全額返済しなければなりません。 ところが、家の売却価格がローンの残高を上回るなら問題なく返済できますが、最近は不況で不動産価格が下がり、不動産価格がローン残高を下回っている人が少なくありません。そのため、家を売りたいのに売ることができない人が増えています。私たちは、家を打ちたい方と債権者との間に立ち、ご自宅を売却するサポートををしています。

住宅ローンを滞納、延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利(期限の利益といいます)が失われてしまい、お金を貸した金融機関は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっている自宅を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。

この、担保不動産を強制的に売却するのが競売です。競売は所有者の同意なしに売却することを裁判所が認め、裁判所が所有者に代わり、物件の購入者(最高価買受人)をオークション形式で決定します。競売には様々なデメリットがあるため、「自宅を競売にしたくない、何か方法は無いか」というお問合せを多くいただきます。

任意売却とは

関連する事例

  • タイトルが入りますタイトルが入りますタイトルが入ります

    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

    VIEW MORE
  • タイトルが入りますタイトルが入りますタイトルが入ります

    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

    VIEW MORE
  • タイトルが入りますタイトルが入りますタイトルが入ります

    テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

    VIEW MORE