秘密厳守をお約束します

任意売却成功のポイント

任意売却とは、住宅ローンを全額返済できない場合でも、債権者に抵当権を抹消してもらう売却のことを指します。そのため、借入先の金融機関に了承を得られないと、任意売却は成立しません。ただし、ほとんどのケースで金融機関は任意売却を推奨しています。その理由としては、やはり顧客(所有者)の意向を最大限汲み取ろうとするところにあります。

早期のご相談

任意売却は行える期限が決まっています。多くの金融機関は「競売の入札が始まるまで」としています。ですから、任意売却の第一歩であるご相談が早ければ早いほど、時間を確保することができます。
任意売却を進めるためには、関係各所との調整が欠かせません。そのため、調整に時間を要する場合や、お家の売却が難航しそうなケースなどは、早期に任意売却の活動を始めることで可能性が広がります。

下記のような場合は特に早期にご相談ください。

  • 連帯保証人、元配偶者等と連絡がとれない
  • 税金の滞納による差し押さえがある
  • 立地など家の条件が良くない
  • 愛着のある家に住み続けたい
  • 親族から相続した家

信頼できる業者を選びましょう

任意売却というのは、通常の不動産の売買と異なり、専門的な不動産取引です。経験と実績、そして任意売却にはとにかく知識と迅速な行動力などが求められます。
そのため、任意売却を成功させるためには、信頼できる任意売却業者を選ぶことが大切です。