秘密厳守をお約束します

相続登記が必要な物件 滋賀県東近江市 K様

お知らせ画像

お父様を5年前に亡くしたK様は、にお父様の名義のマンションにそのまま住み続けていましたが、引き継いだ住宅ローンを支払いを続けていくことができなくなりました。

 

当社にご相談いただいたときにはすでに4か月ほどローンを滞納されていて、残債も1500万円以上残っている状態でした。

 

しかし、K様はお父様が亡くなった際に相続の手続きをしていなかったため、すぐに任意売却しようにもできない状態でした。相続の手続きをしていない場合、その不動産は法定相続人全員の共有財産という扱いになるため、相続人全員の承諾を得る必要がありました。

K様には妹様が1人いたため、妹様にも承諾も必要だったのですが、マンションを売却しても残債が残ってしまうため、任意売却するとその債務が妹にも降りかかってしまう状態でした。

そこで、お姉様方に当社からご説明をしたところ、妹は住宅ローンが残っていることをご存じなく、なおかつ他の財産もお父様から一切相続していなかったため、相続放棄の手続きを取ってもらうことにしました。

相続放棄とは相続の権利をすべて放棄して、債務を相続することを防ぐ手続きで、当社で司法書士を手配して早急に相続放棄の申請を行いました。

 

その後、K様のみがご自宅のマンションを相続登記して名義をお父様からK様に変更し、無事に任意売却することができました。