秘密厳守をお約束します

ゴミ屋敷の問題を
任意売却で解決

ゴミ屋敷のトラブルは、居住者だけでなく行政機関やご家族、近隣の方々が悩まれているケースが多いのではないでしょうか。売却をしようとしても、一般的な不動産に売却を依頼すると敬遠される可能性が少なくありません。
しかし、ゴミ屋敷でも任意売却をすることができるのです。

売却が成立するまでの
期間が短くなる

ゴミ屋敷は一般の人ではなく、専門の不動産業者が購入することが多いです。専門の不動産会社であれば、建物の作り自体をしっかりと確認し、変える部分は変えることができます。そして、専門の業者が購入する場合は、住宅ローンの審査などが必要ないため、内乱から任意売却までの期間が早まります。

ゴミの処分と
家の売却費用について

任意売却であれば、ゴミの処分・家の売却にかかる費用は、家の売却金額からお支払いしていただけます。費用の配分などは全て専門業者が行いますので、安心してお任せいただけます。

住み続けられる
可能性が高くなる

ゴミ屋敷であれば、債権者が設定する不動産の販売価格が低くなるケースが多いです。販売価格が低いということは、投資家が安く買えるため、家賃が低くなることにも繋がります。
つまり、リースバックで住み続けたい場合は、好都合なのです。