秘密厳守をお約束します

奥様の浪費で住宅が競売にかけられる・・・・・ 大阪府東大阪市S様

お知らせ画像

お金の管理をしていた奥様の浪費で住宅を失うことに・・・・・

大阪府東大阪市にお住まいのS様のご主人は地元の中小企業に勤務するサラリーマンで収入がそこそこありました。S様は専業主婦で、結婚して依頼ずっと家計は全てS様が管理していました。5年前にご自宅を購入した際は、生活に支障の無いようにローンを組みたいと、今までの家賃よりも少しだけ多い支払い額に抑えました。返済は順調に進んでいましたが、1年程前からS様がギャンブルをするようになると状況は一変しました。パチンコや競馬でお金をすってしまい、住宅ローンを滞納し始めたのです。住宅ローンの滞納が6ヶ月になり、代位弁済の通知が届いたところで、ご主人にも打ち明けられないと任意売却無料相談窓口にお問い合わせを頂きました。現在の状況を解決するには、ご主人の協力が不可欠ですので、面談時にはご主人にも同席をして頂き、私たちが間に入り、ご主人に対して現状の説明と今後の対応について話し合うことになりました。ご主人は呆れておられましたが、最終的にはS様がギャンブルを辞めることを念書で約束しました。代位弁済されてしまっているのでご自宅は任意売却することになりました。私たちは、債権者に任売売却の交渉をさせて頂き、交渉後に任意売却に向けての査定の依頼を受け、適正価格を算出いたしました。債権者が出してきた販売価格は物件が相場より高いということもあり、最初は非常に苦戦しましたが、債権者に何度も交渉し適正価格まで価格を調整することに成功しました。その後は、物件の周辺相場より安いこともありご自宅は無事に任売売却をすることができました。現在、S様は東大阪市で賃貸マンションにお引越しされ、残債をコツコツと支払っておられます。S様はギャンブルを辞め、今までしていなかったパートを始め、またご自宅を購入したいと貯金されておられます。