秘密厳守をお約束します

【相続】した物件をリースバック 東京都板橋区 S様

お知らせ画像

亡くった夫から相続した自宅

数年前に、旦那様がお亡くなりになられたS様。長年お住まいされているご自宅を相続され、お一人でお住まいされていましたが、ご自身も高齢で、収入にも不安があるとの事でした。また、S様ご夫婦にはお子様がおられず、自身が亡くなった後、ご自宅を引き継ぐ方もおられない状態で、漠然と今後に不安をお持ちでした。

 

長年住み慣れた自宅からの引越は避けたい・・・

一般的な売却では、売却後、引越が伴いますが、S様は住み慣れた自宅に住み続けることを希望されています。高齢者住宅への入居も検討されましたが、やはり、新たな環境へ飛び出すことは勇気がいります。そんな中、不安になっているS様の為に、S様のご友人がインターネットで当社をお知りになり、ご連絡を頂きました。

 

自宅売却後も自宅に住み続けることが出来るリースバック

お問合せ後、S様はご友人と一緒にご来店されました。当社担当者から、リースバックの仕組みや契約の進め方などの説明をさせて頂きました。リースバックを利用することにより、自宅に住み続けることが出来ると安心をされましたが、毎月の家賃支払いに不安を感じておられる様子でした。

 

リースバックの実績がある当社にて販売

リースバック物件を購入する買主の多くは、いわえる投資家といわれる方が多く、入ってくる収入(家賃)や物件の資産価値などで物件の良し悪しを判断されます。S様の場合、住宅ローンが無く、ご自宅の資産価値が比較的高いことから、リースバックに向く物件との判断となりました。しかし、十分な収入があるわけではないS様の状況を考えると、資産価値を重視し、出来るだけ家賃を低額に設定できる投資家の方を探す必要がありました。しかし、販売開始から半月ほどで、当社の顧客のお一人が購入したいとの連絡が入り、ご契約となりました。現在はご希望の家賃で無理のない生活を送っておられます。