秘密厳守をお約束します

共有名義で自宅を購入。その後離婚された大阪府池田市S様

お知らせ画像

【共有名義】で自宅を購入

結婚と同時に新築住宅を購入したSさん。共働きだったため住宅ローンは収入合算で組みました。(住宅ローンも住宅所有も2人の共有名義)しかし、その後離婚。片方の収入のみでは住宅ローンの返済ができないため、売却することになりましたが、債務超過しているということでご相談いただきました。

【任意売却】にて売却

新築住宅に対して特別な価値を見出す人が多く、新築住宅と比較して築1年未満の中古住宅は大きく価格が下がります。Sさんのご自宅は、約1割の債務超過となっていました。事情を債権者に話し、任意売却に合意してもらうことができました。残債は、頭金を含めた自宅取得費用の全額を奥様の親が負担していたため、全てご主人が引き継ぐことに。

任意売却後の生活

お二人とも実家に戻られ、家賃の支払いがないため、Sさんは順調に残債の返済を進めておられます。