秘密厳守をお約束します

新型コロナウイルスの影響で収入ゼロ! 京都府京都市M様

お知らせ画像

コロナの影響で収入ゼロ!そして離婚・・・・・

①コロナで会社の売上げが減少、そして妻との離婚・・・・

京都市で製造業を経営されていたM様は、昔は会社の売上も良く収入もそこそこありました。しかし、新型コロナウィルスの影響で取引先からの受注が激減し会社の業績は一気に傾き、収入がほぼ無い状況となりました。そして、生活費、従業員の給料等を補うために銀行からの借入れも増える一方でした。次第に住宅ローンの支払いが困難になり、多重債務が起こった状態で管理費・固定資産税も滞納していく羽目になりました。さらに、経営、業績を上げるために長時間労働でご家族と顔を合わせない日々が多く続き離婚をされました。

②住宅ローンの滞納が続き、競売開始決定通知が届く・・・・

住宅ローンの滞納が6ヶ月以上になり、競売開始決定通知が届いたところでM様はどうしようもない状態で任意売却無料相談窓口にお問い合わせを頂きました。お問い合わせを頂いた時のM様はとても不安な声でしたので私たちは早急にお会いすることをお伝えさせて頂き、お会いすることにしました。

③M様と奥様の希望・・・・

5LDKという間取りも大きくメゾネットタイプのマンションでしたので、離婚を踏まえると今後はご夫婦どちらもこのマンションには住み続けないとの事。コロナの終焉がなかなか見えない中、収入ゼロの状況が変わる事も難しい状況で、お子様の事を考え、競売は絶対に避けたい。夫婦別々でご相談を進めたいとのことでした。

④競売は避けたい!

M様と奥様のご希望に応えるために私たちは早急に金融機関と交渉し、任意売却に取り組む方向で進めることを提案しました。競売で売却がなされた場合、一般的な相場価格より安い価格で売買されることが多く、M様にとってメリットがないこと、任意売却の説明と任意売却後の残債が残った場合のことなどを説明し、ご理解を頂きました。幸い、金融機関の交渉もスムーズに進み、すぐに販売活動を始めることが出来ました。

⑤売却が困難に・・・・

金融機関が出してきた販売価格は物件が相場より高いということもあり、最初は非常に苦戦しましたが、金融機関に何度も交渉し適正価格まで価格を調整することに成功しました。その後は、物件の周辺相場より安いこともありマンションは無事に任売売却をすることができました。

⑥M様と奥様の現状・・・・

任意売却後は、お互いの生活に支障がでない程度の金額を支払いながら、生活の立て直しをされています。また、M様は会社を閉めて、取引先の会社に就職され、お子様のため日々頑張っておられます。