秘密厳守をお約束します

年金だけでは、住宅ローンの支払いが出来ない 千葉県船橋市M様

お知らせ画像

千葉県船橋市のマンションにお住まいのM様は、住宅ローンの残債が1,800万円ほどありました。住宅ローンの支払いが月々約12万円と管理費・修繕積立金等の支払いが月々約3万円、ボーナス払いが年2回プラス30万円の支払いがあり、お住まいにかかる費用が収入に対する比率が非常に厳しい状態でした。

 

そのような状況であったため、住宅ローンの滞納が4ヶ月しているのに加えて、固定資産税等の税金が滞納し始めており、何らかの手を打つ必要がありました。収入としては、年金だけでは生活がしていける状況ではないため、M様がアルバイトをして何とか生計を立てていました。

 

収入に対する支出が多すぎるため、これ以上の住宅ローンの返済は難しい状況です。任意売却と残った残債の債務整理を進める方向でお話をすすめていく事になりました。また、税金の滞納があり、税金の滞納を続けてしまうと物件に差押えが入るリスクがあります。幸い税金の滞納額はそこまで高額ではなかった為、M様には全額支払って頂きました。

 

そして、債権者から任意売却の承諾を得ることができ、任意売却スタートです。M様のマンションは船橋市内でも人気のあるマンションだった為、無事に買い手もすぐに決まったことで、負担を軽減して新しいスタートを切ることができました。