秘密厳守をお約束します

投資用マンション経営の悪化により自宅マンションが差押えに・・・・ 大阪市中央区Y様

お知らせ画像

差押えになったマンションをリースバックを利用し5年後に自宅マンションを買い戻す・・・・・

大阪府中央区にお住まいのY様ご一家は、妻、息子様一人の3人家族です(息子様は大手企業の会社役員、独立)。Y様は大阪市内で自営業をされておられ、自営業で得た収入で投資用マンションを複数購入しました。Y様は高齢になり、購入した投資用マンションからの収入もありましたので、会社は整理することになりました。しばらくは家賃収入で余裕のある生活をされておられましたが、近年の不動産不況により借主がつかず、家賃も下落していきました。家賃収入が返済額を割り込む期間が長く続き住宅ローンを滞納され、金融機関からはついに「競売開始決定通知書」が送られてきましたが、どうしても自宅マンションだけは手放したくないという要望で「任意売却無料相談窓口」にお問い合わせを頂きました。Y様がご相談された時は、投資用不動産を持ち続けることは限界だと感じられ、投資用マンションの売却も同時に相談を受けました。私たちは、先ずは所有されている投資用マンション、自宅マンションの査定をさせて頂きましたが、物件自体の築年数が古いこともあり査定額・市場価格で売れた場合の残債はかなりの額になることが見込まれました。このまま所有を続けた先の年間に発生するマイナス額や賃料の下落などを考慮し、収益物件に関しましては任意売却、自宅マンションは手放したくないという要望がありましたのでリースバックを視野に入れた提案をさせて頂きました。投資用マンションにおきましては、債権者に価格交渉をさせて頂き、時間はかかりましたが価格を下げることができました。周辺相場より価格が安いこともありマンションは無事に売却をすることができました。ご自宅のマンションにおきましては、買戻しを承諾して頂ける投資家の方に連絡をさせて頂き、東京都にお住まいの投資家に5年後に息子様が買戻す了承を得た上で任意売却することができました。現在は、息子様の援助を受けながら残債の返済と、自宅マンションを買戻すために少しではありますがパートをしながら頑張っておられます。